So-net無料ブログ作成

『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』:オペコン映画の音程ズレについて回答を頂きました #Phantom25_JP [The Phantom of the Opera]

『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』;オペコン映画の音程ズレについて回答を頂きました #Phantom25_JP


TOHOシネマズで全国順次公開中の、
オペラ座の怪人特別公演inロンドン』 ※詳しい上映劇場はこちらをご確認ください →劇場情報
(The Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall) 

は、観た人の殆どが、あまりの豪華さと素晴らしさに、「本場の舞台は違う!」と感動し、
さらにキャストの熱唱と熱演に心を撃ち抜かれ、ファントムのラミンやクリスティーヌのシエラの虜になってしまった方が、続々増えている…と想像しています。
また、スペシャル・カーテンコールでちょっとしか歌わなかったのに、「あの凄い4番目に歌ったファントムの人は誰?!」と、現在ロンドンファントムのジョン・オーウェン・ジョーンズにも心を撃ち抜かれた人が増殖中…
と、勝手に思いながらニヤニヤしています。  

Love Never Dies」は、ロンドンでは終わってしまいましたのでもう無理ですが、少し前でしたらロンドンに行きさえすれば、オペラ座でジョン・オーウェン・ジョーンズのファントムを見た後に、LNDでラミン・カリムルーのファントムを見ることが可能だったんです。(その逆も)
あまりにも最強すぎるダブル・ファントムの豪華なマチソワが出来たんですよね。
あぁ、なんて贅沢だったのでしょうか…(遠い目)
  
 
さて、自分は日比谷のTOHOシネマズスカラ座(上映終了)で、このオペコン映画を鑑賞しました。
その時の簡易レポはこちらです → 禁断ブログ 

通常版の舞台とは異なる豪華さに、そして、記念公演ならではの演出の違い(続編に繋がると思わせる細かい演出)。何より大好きなラミンとシエラの熱演にとても感動し、大量に涙を流したのですが、とても不満に思ったことが一つだけありました。
その時にも書きましたが、「音程のズレ(下がり、揺らぎ)」を感じたのです。 

「オペラ座の怪人」は大好きなミュージカルですから、何百回と聴いたであろうその美しい旋律は耳が憶えていますので、音程のズレが気になって気になって仕方がなく、特に最初の方(一幕)はなかなか集中ができませんでした。

この件について、10/21(上映初日)の深夜に、公式サイトにメールで問い合わせをしました。
なぜこうなったのか。
ロイヤル・アルバート・ホールで行われた、この「25周年特別公演」は、オリジナルの音程で上演されたことは確認していますので、フィルム(デジタルデータ)に問題があるのではないか。

そしてこの件について、公式サイト(eigafan.com)を経由して、
配給元の東宝東和株式会社さまから回答を11月2日に頂きました。
本日(11月9日)、回答内容の転載許可を頂きましたので、掲載します。

 

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor UK
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: CD

 

 


jurunより公式サイトへのメール

昨日、日比谷で鑑賞しました。
とても素晴らしい内容で感激しましたが、なぜか音程が半音か一音か下がっていて、
かなり違和感に思いました。
ちょっと音感のある人、特に「オペラ座の怪人」ファンは音楽を繰り返し聴いていますから、
この違いに気付いた人は多いと思います。
なぜ、オリジナルのままの音にしなかったのか、疑問でなりません。
ちなみに、イギリスの本公演ではオリジナルの音程で上演されたことは把握しています。(中略)

他国での上映でも、同じようになっているのか、これは今独自で調査中です。
これは、日本だけのことなのでしょうか。
繰り返しますと、なぜ、そんなことになったのか。
そして、今からでもそれは改善されることなのかどうか。

世界的に成功した名作ミュージカルの、音程を変えてしまうなんて、
ありえないことだと思います。

どうか、納得のいく説明を、お願いいたします


公式サイト経由、東宝東和株式会社からの回答(一回目) 

突然のご連絡、失礼いたします。

『オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン』
公式サイトを運営しておりますeigafan.com編集部と申します。

お問い合わせいただきました件につきまして、
本作配給の東宝東和株式会社よりご連絡がございまして
メールさせていただきました。

以下、ご確認の程よろしくお願い致します。

_____________________________________________



この度は「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」をご鑑賞いただき、
誠に有難うございました。

お客様よりご指摘をいただきました、音程の違いに関する件ですが、
現在、ロンドンのプロダクションに確認中でございます。

ご覧いただきました、日本での劇場上映用の音声に関しましては、
ロンドンより供給された音声データに何も手を加えることなく上映をしております。

ご指摘をいただいた内容に関しましては、弊社としましてもロンドンの
プロダクションからの回答を得てからでないと、お客様に対し
正確なご回答、ご説明は致しかねますので、大変恐縮ですが、
今しばらくお時間を頂戴できますよう、お願い申し上げます。

お客様にはロンドンからの回答を得ましてから、あらためまして
必ずご連絡をさせていただきたく存じます。


まずは現在の状況のみ、ご連絡をさせていただきました。

東宝東和株式会社 


 
公式サイト経由、東宝東和株式会社からの回答(二回目)


『オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン』
公式サイトを運営しておりますeigafan.com編集部と申します。

お問い合わせいただきました件につきまして、
先日、状況のご連絡をさせていただいたかと存じますが、
配給の東宝東和株式会社より回答がございましたので、
ご連絡させていただきます。

恐れ入りますが、下記ご確認くださいませ。



---------------------------------------------------------

ご指摘の件、ロンドンのUniversal Pictures International(UPI)に
問い合わせたところ、以下のことが判明いたしました。

この公演の撮影は、フレームレイトが25フレームの規格の機材で行われました。
この規格では1秒間に25コマの映像が収録されます。
収録された映像を劇場でデジタル上映をするためには、
DCP(Digital Cinema Package)という世界規格に変換する必要がありました。
この規格のフレームレイトは24フレーム、すなわち1秒間に24コマの映像が収録されます。
音程の差は、この変換によって生じたものと考えられます。

収録音声を早回しにすると音が高くなり、
遅回しにすると音が低くなる現象は、容易に想像できるかと思います。
今回は、1秒間25コマの速度で収録された音声を
1秒間24コマのスピードで再生することとなり、25分の1秒分遅回しにすることによって、
その分、音程が低くなったというのが、理論上考えられることです。
非常に微少なスピード差であるので、これによって半音以上の音程差が生じるとは考えにくく、
絶対的に音感の鋭敏な方には判る可能性がある一方、
ほとんどの方が聴感していないのが実情です。
UPIでは、DCP上映にあたり同様の指摘を受けたのは、今回が初めてという説明です。
更に日本国内のスタジオに取材してみたところ、楽器や声の音質や、旋律、音の高低により、
特に差が目立って聴こえる箇所があるのかも知れない、ということです。

音程の問題を解消する手段としては、音声のスピードを変えずに再生するため、
映像を毎秒1コマずつ間引いて24フレームに合わせる方法がありますが、
これを用いると、今度は映像の方に飛んでいるような現象が生じる可能性があり、
理想的な手段とはいえません。

DCPが世界規格であるのなら、
なぜフレームレイトの違う機材で撮影を行ったのか、という疑問が生まれますが、
これはアナログ時代から世界各地で異なるビデオ信号が採用されていた歴史があり、
それに伴い英国では25フレームというフレームレイトが一般的で、
機材もその規格のものが多いのが実情のようです。
UPIとしては、日本での上映を心待ちにされているお客様のために最速の実現を目指した結果、
限られた時間と環境の中で出来うる限り最良の映像と音声を送ったつもりだったということです。

お叱りを受けながら不謹慎なことを申し上げるようですが、
これまでの説明で我々の理解するかぎり、ご指摘くださったお客様は、
ごく少数の並ならぬ鋭敏な音感の持ち主でいらっしゃるということが言えそうです。
ただ、劇場上映にあたっては、乗り越えがたい事情により、
我慢を強いることとなりましたことをお詫び申し上げるとともに、ご理解を賜れればと存じます。
今回のご指摘を真摯に受け止め、今後の課題とさせていただきます。

なお、DVDおよびブルーレイにつきましては、音程の問題を修正し、
Really Useful Group(RUG)の監修と承認を受けたものを発売する旨、UPIの確認を取りました。
日本で発売されるDVDおよびブルーレイは、UPIの制作するマスターに基づくものです。


東宝東和株式会社



 

現実に、映画館では半音は下がっていたと思いますが、
頂いた説明を読む限りでは「半音以上の音程差が生じるとは考えにくい」となっていますね。むむむ? 

ちょっと面白い話なんですけど、最終日のスカラ座は、初日よりも4分程早く終了しました。
この時は、一部ではやはり音程の違和感は感じたものの、初日ほどの音程ズレは感じず、気分良く鑑賞が出来たのです。
フィルムの修正が施されていないとなると、これはもしかしたら、劇場のスカラ座の方で早回しをして、原音に近づける努力をしてくれたのかもしれません。
(これは未確認で、そういうことが出来るのかどうかも知らずに書いていますが、もし配慮してくれたのだとしたら、ありがとうございます)。 

結局、初日(10/21)、二日目(10/22)は行きましたが、
三日目(10/23)は予約したチケットを捨てて、観に行きませんでした。
音程のズレを3時間も聴くのは、ストレスが溜まってしんどかったのです。
(もちろん、そんな理由で返金なんてしてくれませんし、してくれとも言っていません)
最終日(10/27)は音程のズレはパーフェクトに直っていたわけではありませんが、約4分の早回しでオリジナルの音程に近づくことができたのではないかと、勝手に思っています。 

(これはもしかして、映画館に指定する上映スピードの設定ミス?)


1月25日に発売が予定されている、DVD, Blu-rayは、RUG(アンドリュー・ロイド=ウェバーの会社)が監修と承認をした、音源修正版となるようですね。
ようは、マスターの音源ですよね。これは一安心です。
折角DVDを買って、また音程がズレていたら、なんのこっちゃわかりませんからねぇ。

「オペラ座の怪人」が好きで、音感の鋭い方や絶対音感のある方は、
これからこの映画を観るには注意が必要かと思います。
音程が気になって仕方がないと思いますので。

そして、まだこの映画をご覧になっていないオペラ座ファンの皆さん。
無理をしてでも絶対に観てください!観なければ後悔しますよ!
本当に素晴らしい舞台ですので、一見の価値はありますよ!
そして、本場の本物の舞台をたっぷり堪能してくださいね。 
この贅沢な内容は、特別料金2,000円(六本木は3,000円らしいですが)でもかなり安いと思いますよ。 
オペコン映画にどっぷりハマって、リピートをしている人は多いみたいですからね。

仲介してくださった、eigafan.com さま。
そして、回答してくださった東宝東和株式会社さま。
不躾なメールにも関わらず、とても丁寧に対応してくださり、誠にありがとうございました。 
  
  
 

オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン [DVD]





今はこちらで書いています

⇒ 禁断劇場

ツイッターをフォローする ⇒ @kindan_J @J_kindan

フェイスブックをフォローする ⇒ Facebook

@LINEでおともだちになる ⇒ @LINE

禁断メルマガに登録する ⇒ 禁断メルマガ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 6

きら

 初めまして!
 レミコンからお友達のS様、MANON様のブログからこちらに伺いました。
 jurun様の渾身のレポを読み、お奨めのLNDのCD購入してしまいました。素晴らしい音楽ですね!

 さて、私は横浜で11/8 13:00からの回を観ました。
 音ずれの件、こちらで拝読していて覚悟して観たのですが、私は音感がよくない為か気になりませんでした。
一か所「あれ?」と思ったのは最初のシーンのシャンデリアが光りテーマが鳴った時、ジャーン、ジャジャジャジャーーーンの最後の音ですかね?「これかな?」と思いました。あと一か所「ん?記憶と微妙に違うかも?」と思いましたが、なにしろここ数年舞台も見ておらず、映画を見る前にCDやDVDを繰り返して見たり聞いたりしていないのではっきりとは言えません。

 それより気になったのは字幕の位置です(怒)うっとうしいのなんのって!!!なぜ、縦書き表示してくれなかったの!と集中できませんでした。DVD購入したら字幕消して見ようと思いました。

 東宝東和のスタッフは試写で見ますよね?字幕の位置、音ズレのを起こすであろう技術的な問題に気が付かなかったのでしょうか?
 素晴らしい記念コンサートが行われ、それを日本で観ることができる。。。だからこそ完璧を期する日本人の良さを発揮してほしかったです。でも映像データのスピードは本国が指定してきたのでしょうね。そのあたりは厳しそうですが。
 東宝東和への問い合わせ、回答の掲載ありがとうございまいた。
 初めてのコメントで長文失礼しました。また楽しみに拝見させていただきます。
by きら (2011-11-10 12:08) 

jurun

>きらさん 

はじめまして。コメントを頂きましてありがとうございます。
S様、Manon様繋がりでご訪問頂いたのですね。お二人は特にWEとBWの師匠と崇め、尊敬しております。
自分は海外ミュージカル部門ではまだまだ新参者ですので、皆様が師匠であり先輩です。

きら様。お怒りでご指摘の字幕の件。本当にそうでしたね!
引きの画面ではキャストにガッツリ被っていました。それも何回も何回も…
皮肉にも字幕が邪魔になってしまいましたね。
恐らくDVD,BDでは字幕表示の位置は改善されると思っていますが、本場の舞台を生で楽しむように、字幕なしで楽しむのも良いですよね。
音程に関しては全体的に半音下がっていて、時々揺れるような感じになるので、きら様が気になられたところはそうだと思います。
東宝東和さんの説明を頂いた後色々考えたのですが、恐らく、デジタルデータを走らせるスピードの設定ミスかと思っています。ビッチリと技術的な説明をしてくださりましたが、ごく単純なミスかと…
スカラ座のようにもう少しだけでも早めてくれたら、マシになるとは思いますが。あまりに早くし過ぎたら今度は音が高くなってしまいますから、難しいのでしょうけれども。
単純なミスといえばそうですが、仰るように日本での上映を早く実現するためにも、細かくチェックをする時間がなかったのかもしれませんね。字幕の位置も含めて。

きら様はレミコンをご覧になられたのですか?!羨ましいです。
POTO25もそうですが、映画やDVDも良いですけど、あの超迫力で夢のような特別な舞台を、一生に一度は生で観たいと夢見ております!

これからもブツブツとつぶやくように記事を書いてまいります。
皆さんのように頻繁な更新ではありませんが、よろしければまた遊びにいらしてくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。
by jurun (2011-11-11 10:07) 

きら

お忙しいところお返事ありがとうございました。
そうですね、時々、ピン!と聞こえていた音が一瞬ふにゃって感じた気がするのがその揺らぎなんでしょうね。

一つ訂正を、、、レミコンは生では見ておりません。偶然にレミコンの動画を見てRAMINに衝撃を受け、4JVJで二番目に歌った人は誰?すごい歌声!と思って巡りに巡ってこちらに来ました。

いつか、機会があったらjurun様のようにWEで観劇したいものです。
Twitterのまとめを拝見しましたが、チケット購入で大変な事になってますね。
うまくいきますように。そしてまた渾身のレポを楽しみにしています。


by きら (2011-11-11 10:48) 

jurun

>きらさん 

こんにちは。
チケットの件はかなり怪しいめちゃくちゃな英語を用いて何とかなりました。ご心配頂きありがとうございます。
4JVJで二番目に歌ったのはJOJさまでしたよね!今レミコンのカーテンコールを再生してまた鳥肌状態です。もう本当に素晴らしいですね。
はい、是非是非!チャンスがあればWEに! 
自分は今年は行きすぎましたので(笑)来年以降は年イチぐらいでいければいいなと考えています。
by jurun (2011-11-13 11:01) 

やすこ

はじめまして。
当時品川で鑑賞しましたが、音にあまり敏感でなかったためあまり気になりませんでした・・・

ところで、Amazonでオペラ座の怪人25周年記念公演のDVDを購入しようとしたところ、2012/01/25発売版と2012/12/05発売版があり、2012/12/05発売版の方が1/3ほどの価格となっています。
説明では出演者欄に記載されている内容や上映時間が異なりますが、この2つについて具体的な違いはご存知でしょうか?
またどちらの方が内容的に充実しているかなどもご存知であればお教えいただけますでしょうか?
下記が主な違いとなっております。
2012/01/25発売版 2012/12/05発売版
価格 約3000円 約1000円
出演 ウェンディ・ファーガソン,
リズ・ロバートソン の記載有 左記記載なし
監督 作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
の記載有 左記記載なし
時間 160分 162分

よろしくお願い致します。
by やすこ (2012-12-30 12:36) 

kindan_J

>やすこさん

こんにちははじめまして。
ご質問の件ですが、後から発売した方は廉価版ですから、こちらの方が安く買えるというメリットがありますね。
内容については全く同じものだと思います。これから買われるのでしたら、廉価版の方がいいと思いますよ。
by kindan_J (2012-12-30 13:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by SSブログ


Copyright(C) 2007 今週もやっぱり禁断症状 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。